<   2016年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

退院できました〜!

短いような長いような?約3週間に渡る入院生活。
治療も無事に終え、昨日我が家に帰ってきました。
なんというか、気持ち的には
生きて帰ってくることができたーーー!!!
こんな感じです。
担当主治医からは最後にいまいちど痛み止めのアドバイスとともに「頑張ってな」のお言葉を頂き、当たり前なに繰り返されてきている光景だろうとはおもいつつも、改めて感謝のきもちでいっぱいになり、先生が病室をでた途端にウルウルしてしまいました。

今回を機にどうにもすっかり涙もろくなってしまったルナちゃんです。

予定より少し遅めに到着した主人。
「ようやく退院だね」といわれてこれまたウルウル。
退院準備もほとんどできずにいたので、イッキにギアアップして荷物をまとめてもらいました。
空になった病室をみて、いったいどんだけ持ち込んでいたんだろう〜と笑えてきてしまったくらいでした。

行きは事故渋滞やGWのはじまりもあり、帰りも時間がかかるのを覚悟したのだけど、かつてないスムーズさで、新幹線利用時と変わらない時間で到着しました。
もう〜なんてありがたいことだろう〜(≧∇≦)
b0291051_23285603.jpeg
(こんな明るいうちにココを通るなんて!)
晩御飯は主人が作るつもりでいてびっくり!
京都まで休む間も無く往復。
つまりは6〜7時間近い時間を走り続けてるわけですよ。
それなのに、晩御飯作る?
やめてー!
子どもたちだけは昼からみてもらっていたので、この際面倒かけついでです。
「頼むわ〜。あなたこそもっと楽をして。お願いだから、お義姉さんにこの際お願いしよう」
「そう?じゃ、甘えるか〜」

お義姉さんはほんとに優しいので、全く遠慮せずワガママさせてもらっています。
晩御飯もお風呂もお願いして、とにかく、帰宅後の主人の仕事が減るようにとおもいました。
退院のタイミングが、GWとかさなりある意味良かったのかもしれません。
主人にはとにかく、休養してほしい。
お風呂を頂いてからようやく帰り着いた我が家。
雑草が生えまくっています!
少しでもいいから、草むしりすることにしました。

ほんとに婆さんみたい。。。
美しかったのに。。。
え?!自分で言うなって?(笑)
b0291051_23402149.jpeg
すっかり葉桜なのに、しぶとく残る桜を見つけて、ルナは感動してしまった。
これからは日常の全ての動作がリハビリとなる生活。
このマイペースな桜さんのように、自分自身のペースを恥じることなく、堂々としていようとおもった。

すっかり鈍臭くなったルナ亀ですが、這い上がれるようみなさまの元気玉を何卒よろしくお願いします!

めでたく退院記念
2016.4.29




[PR]
by happyluna | 2016-04-30 23:00 | 治療

治療終了♪

約2週間近くに渡った治療が終了しました。
最後に、培養されたリンパ球がてんこ盛り入ったルナちゃん用のシリンジを改めて拝見させて頂き、なでなでなでなでしました。
あ、なんか寂しい(笑)

胸水中のガン細胞の細胞診の写真も見せていただきましたが、最初に較べたらほんとに体積も小さい、ガン細胞が少しいる程度でした。
今回は治療中に一度も追加で胸水を抜きませんでした。
酸素は随時していますが、血中酸素濃度も治療開始時から悪化がないので、比較的安定しているのではないかとおもいます。

ただ、発熱があるから、痛いしだるいしはあり、前回と違いこの脊椎歪みがいかにも、、、硬いマットとの相性が極めてよろしくなく、、、寝起きに激痛なんてしょっちゅう。
とにかく担当主治医も痛みを気にかけてくださり、痛み止めの飲み方をアドバイスくださいました。

入院当初から急に血圧が上昇し始め、上は平常時+30〜40、下は+20くらいになっていました。
ちょっとこれには不安が募りました。
どうしたらいいんだろう、、、
安静にするしかないのか?悩みました。
とにかく、浅い呼吸なりに、息があがるような状態にならないように、立ち上がっていきなり歩き出すのはやめ、呼吸が乱れたらとまり、落ち着けて、というように、ゆっくりゆっくり、動いたり。

寝てばかりはしかし良くないから、要領がわかり始めたゆっくり歩きでの院内散歩や、足裏刺激、ふくらはぎ刺激をしたりして、足を動かすよう意識しました。

残念ながら、クリニックへはそのうち電車で行きたいとおもっていたものの、酸素ボンベをゴロゴロしながらの公共交通機関の移動の不便さを鑑み、諦めました。
だから歩く口実として、隣のショッピングモールを買い物しながら歩く、ということを時々しました。

そうしはじめたら、ある時から血圧は下がり始めました。いまは上も下も+10くらい。
心配してくださる看護師さんもいらっしゃり、ある数値代を出した時、ほんとに嬉しく、一緒によろこんでくださいました。
b0291051_10394264.jpeg
ほんとに鈍臭い亀みたいな歩みのようです。
実験データを抱えながら颯爽と歩いていた数年前と、同一人物なのか?
あまりの変わり果てように、情け無くてくやし涙も時々でる。
そんなときは、なるようになるさ!と励ます。
時々書いてるけど、これは決して投げやりとは違う。
自分ができること、やれることをやってこその、なるようになるさ!です。

なんて、書くと、真面目すぎ頑張りすぎと思われるかもしれないけど、、、
実際はスマホでゲーム、ドラマ視聴で時間潰しして、現実逃避ばーっかり!
言い訳ではないけど、痛みがなかったら、もう少し真面目だったかも?(^^;;
遺書も入院中に書こうとおもっていたけど、結局書かなかったし!
自分ではもうダメだとおもうのに主治医は全くそんなふうに見てなくて、ちょっと障害手帳の話など聞いてみれば「そこまで深刻な状態やないで。認定おりないよ」と言われるし。

ルナちゃん、、、深刻に考えすぎなんだろか???
んなこたない!
ほんとに苦しかったんだよ。
いまも痛みに苦しいんだよ。
b0291051_11052892.jpeg
普通のドクターならもう少し厳しいこと仰るんだろうともおもう。
たまたま先日のタクシーの運転手さんは我が主治医のお抱え運転手らしく、主治医をよくご存知の方で、違う角度からその人物像を伺う機会がありました。
その道の権威だそうで、どの道かわかりませんが、主治医は他のいろんな病院に時々ヘルプに行かれている話を聞いてますが、本当にそうだったとわかりました。
お仕事が大好きだけど日曜日だけは絶対お休みされるんだって!(笑)
確かに在宅医でもあり、24時間電話は繋がる。
何より、、、こんなルナみたいな状態でも、余命な話なんてしない。
すごく懐が広いというか、患者を絶望させない不思議な人柄で、、、へなちょこルナちゃんにとっては本当に、ご縁があって良かったなと、感じています。
b0291051_11281695.jpeg
医師によってははっきり余命を伝えたほうが患者のためと言う方もいる。
でも、それはもう充分覚悟して選択しながら生きてる人には余計な御世話じゃ!とも言えるんじゃないかな?

ま、ほんまに人それぞれ!
余命聞いて残念ながらほんとにその通りに逝かれる方も多いらしいですし、、、。
余命はあくまでもその医師の見解であるということを、厳しいステージの患者さまは認識して頂きたいですね。


今日もゆっくり院内の散歩。
窓から見える比叡山には、幻想的に雲がかかっていて美しい。
ルナ亀ちゃんは、やっぱり慌てず焦らず諦めずに、淡々と日々を過ごしていこうとおもいます。
そして僅かな入院生活を満喫しようっと?!

エイエイオー066.gif



[PR]
by happyluna | 2016-04-28 12:25 | 治療

鴨川散歩

昨晩は狭い個室で、前回の教訓踏まえ上手に簡易ベッドを並べて皆満足に寝れました。
ま、ルナが痛みで起きてしまうのですが、主人を起こしてトイレにいったりさすってもらったり
家族がいると気兼ねなく甘えられるからやはり心強い!
ちなみに、痛みは硬いベッドも影響している感じです。背骨曲がりの歪み?を吸収してくれないから、身体にくるんですよね、、、たぶん。

さて
今日の京都は天気もよく、これは散歩に行ける!とおもいました。
病院の昼食は断り、ランチは買い出しして鴨川で食べることにしました。
鴨川は予想どおりたくさんの人が(^-^)
b0291051_21424335.jpeg
木陰に場所をとり、ゆっくりランチは久しぶり!
あーきもちよい(≧∇≦)
ランチを終えてからは車椅子をおり、さぁいよいよ杖しながら酸素しながらという出で立ちで散策開始!
b0291051_21481983.jpeg
いろいろに見えるグリーンが美しい。
お日様が優しい。
風がきもちよい。
院内を歩くのと外気にさらされて歩くのとは全く違う。
やはり外を歩きたいね〜
b0291051_21542719.jpeg
ルナが撮影しました。
わかりますか?
ここは鴨川の飛び石があるところ、階段があって川の水に触れることができるのですが、おもいきって階段を降りてみました。
主人が酸素ボンベキャリーバッグを肩掛けにし、ルナの手をしっかり握りまして、ゆっくりゆっくり一段ずつ降りた\(^o^)/
b0291051_22030192.jpeg
当たり前に出来ていたことが、いまはやっとこさ、、、ですが、先週は車椅子に座りながら泣いて見ていた光景だから、しみじみ嬉しかった!
もう、底ではないんだな、とわかったから049.gif
救急搬送前までは階段は大丈夫だったのだから、、、あとは少しずつ、ひたすら足を使ってとにかく回復を目指すだけだよ、ゆっくりゆっくり、大丈夫大丈夫!
主人が励ましてくれました。

息があがりそうになってきたんだけど、とにかく慌てず呼吸を整えて、また車椅子まで歩いて戻り、病院へ戻りました。
たのしい時間はアッと言う間!
子どもらは宿題を仕上げ、主人はあれこれあれこれ帰る準備やら諸々忙しくして、帰る時間がきました。

長いとおもったけど、今週末はもう退院だし!
治療も最終ステージだし!
主人も子どももあと少しで休みに入るわけだし!
1日1日、丁寧に暮らしていけば、もう、すぐ、また毎日会えるよ!
煩くても煩くてもやっぱり嬉しい、また家族一緒の生活は目の前♪

今日はまたみんなでハグしたけど、先週と違うのは、涙がなかったことです。
今日の見送りは笑顔で手を振りました。
週末には帰るからね!

エイエイオー066.gif




[PR]
by happyluna | 2016-04-24 22:15 | 趣味・楽しみ

再びの賑わいw

今日は待ちに待ったお休みです。
ルナは今日もリンパ注射しに、お昼頃クリニックに出向きました。
で、クリニックに着いたと同時に入院先に着いた〜と子どもらから連絡が!
早いっ!!!

確かに先週にもっと早く来て〜とリクエストしたんだけど、お昼に間に合うよう来てくれるとはおもいませんでした。
ありがとう〜016.gif

みんなでお昼を病室で食べてから休憩して、またご近所のショッピングモールへ。
青空なら鴨川に行こうおもいましたが、やめました。
明日行けるかな?
b0291051_22150176.jpeg
(これも引き続き紹介忘れの山桜)
鴨川は山吹が咲いています。
病院の近くのご自宅には藤や、ハナミズキが咲いています。
暦の上では立夏に近づいてますものね〜。
そして、こんな入院生活においても季節の移ろいを感じられて嬉しいです。
b0291051_22225543.jpeg
ご近所にフルーツパーラーがあるのを教えて頂きまして、家族全員が初めてのフルーツサンドをテイクアウト!
フルーツが7種類〜バナナ、リンゴ、イチゴ、パイン、キウイ、オレンジ、パパイヤが入ってるんだそう。
みんなで美味しく頂きました〜♪
うん?(O_o)
癌患者の敵ではないか!
だから治らないんだよ!
糖質の塊!
なんて、、、呆れちゃう方もおられるだろうね〜
ま、とはいえ、たまにはいいじゃない(笑)

明日、帰るまで、たのしみます049.gif




[PR]
by happyluna | 2016-04-23 22:30 | 治療

もっともっとゆっくり

退院の日、決めました。
リンパ注射最終日に退院しようおもってましたが、主治医はそれより+2日と当初から仰ってました。
もちろん変更は可能、、、
早く退院したいよね〜
夫婦の認識はそうだったのです。
ところが今日になり、主人が仕事都合でどうしても休みにくいと伝えてきました。

”じいちゃんに頼む?”
って言われたんだけど、退院もやはり主人がいいとおもったのです。
だって父さんだとさ、やりとりを全部ルナがやんなくちゃならないじゃない?
それが嫌なんだ(^^;;  
って、そんな理由で退院遅らせるのってあんぽん?(笑)

いやー
駄々をこねれば、主人は会社を休んでくれるとおもうし。
子どもが寂しがってるし、母ちゃんも寂しい。
やはり自宅の布団に勝る寝心地の良さは無いし
退院できるなら病院になんかいつまでもいるより早いほうが良いんだとおもう。

昔のルナなら意地でも我が望みを貫くことでしょう。
けど、、、
流れ来る状況に無理に抗わず淡々と受け止めよう
この退院もそうゆうことなんだととおもいました。
だから、遅い退院日つまり主治医の予定したプランで良いよと、返事しました。
これなら主人は会社に迷惑はかけないしね!

そしたら主人がこう書いてきました
いままでもゆっくりだけど
もっともっとゆっくりいきまっしょい
そしたら、また違った風景がみえてくるよ。
それをたのしもうや!

ふむー
なかなかいいこと書いてくるやん!
これは留めておきたいとおもいました。
うん、生き急がないよ!
そう返事しました、
ルナはほんとに要領よくやり過ぎてきたんだよな〜
ここらで身体にあわせて鈍臭く?いこうとおもいます。
b0291051_16482790.jpeg
(紹介忘れした今年の山桜です)
救急搬送騒以来、身体は確かに、決してよろしくない状況ではあるんだとおもうけど、今日も院内散歩できましたし!
いまは心も落ち着きを取り戻しているとおもいます。

いつもご来訪ありがとうございますm(__)m




[PR]
by happyluna | 2016-04-22 17:10 | 日常生活

散歩

下り坂、満月まえ、体力低下
たぶん、このあたりの理由で昨日は痛みが強烈に感じました。
天気が良くても明日は雨、というときはてきめんに痛みが来ます。
昨日は天気が良かったから鴨川散歩に行きたいとおもっていたのだけど、体調がアップしないから、散歩やめようと決めました。
(ちなみにやめると決めたら落ち着いてきた)

でも、こういうときの翌日は割と落ち着く場合が多いのです。
今日は雨でしたけど、入院以来の比較的穏やかな朝でした。
ガン患者さんらしき方も入院しておられ、点滴下げながら院内を歩いている方がいらっしゃいます。
ルナも歩きたいなあとおもっていました。

で、今日なら歩ける!そうおもいました。
おまけに、今日はリンパが増えておらず、注射はお休みになったたから、時間がタップリです。
b0291051_18441537.jpeg
酸素ボンベのキャリーを杖代わりに、ノロノロ歩行でしたが30分くらい院内を歩いていたとおもいます。
酸素無しにも少しずつ慣れていかないといけませんが、どうしたら呼吸が乱れず落ち着いていることができるか?は現在学習中!

壁にもたれてももあげしたりもしてみました。
久しぶりでした。
できて嬉しかったです。
ほんとに、体力落ちた_| ̄|○
救急搬送を境にガタって感じですが、今が体調のソコだし、這い上がるだけです。

今回の入院は決して無理をせずに体力回復をめざしたいです。
前回は発熱しててもしゃかりきに外出していました。
ま、それだけの体力があったのです。
今は今にふさわしい対応をするのが身体のためと感じます。

胸水は、2年前はリンパ注射しながらもどんどん増える胸水に、抜きながら利尿剤使いながら治療していましたが、今回はそんな勢いはない感じです。
ま、身体が弱ってるせいもあるのかな?(笑)

と、笑っている場合ではないですね。
少しずつ、歩行数を伸ばしたいです!



[PR]
by happyluna | 2016-04-21 19:05 | 日々の養生

まったりゆったりな午後

朝はどちらかというと、朝起きたら痛い痛いということが多く、あ、爽やかな朝とおもっても、それは束の間が多いです。
体調アップまでに時間を要し、なかなか動けないことが多くて、もっばらの課題は疼痛コントロールだということが明確になりました。
痛みかコントロールできていれば、呼吸は落ち着くから、心拍数や血圧も穏やかな数値になる。

どうも、まだ、痛み止めの飲み方に遠慮があるんだな〜
自然療法にも明るいつもりな立ち位置だから、薬の毒の言われ様は承知しているが、それでも、
痛みとは闘わない!
そう決めて受け入れきたけれども、まだ、遠慮があるんだというのが見えてきた。

しかし、背中の筋とかの何とも表現しがたい痛みや不快感は、やはり、、、向き合えないよ〜(^^;;
へなちょこルナちゃんです。
穏やかに日々を過ごしたい!
いまは、痛みの感覚はしっかり遮断させてもらおうと、改めておもう、今日この頃。

さて
入院中の日課も何となく定まりつつあります。
体調が整い
身体を拭いて頂いたりシャンプーしたりして
さっぱりしたらお昼ご飯
そして、クリニックへ治療のため外出
戻ってきたら2時過ぎくらい

今日はクリニックのあと、ひとりでショッピングモールへヨーグルトを買いに行けました049.gif
時々比叡山をながめながら
持ち込んだCDプレイヤーで好きな音楽を聴き
アロマを焚き
水素吸入したり
石黒式温熱器と、ユーフォリア(びわ温灸器)を持ち込んだから、うとうとしながら、温熱したり
そんな生活をできるまでに、少しずつ落ち着いてきました。
まったりゆったりな午後はしあわせです♡

前の入院時は、食事にはうるさいわ、病院に対し偉そうな?態度でいたので、過ごしにくい病院生活でした。
でも!
いまはそんなルナはいません。
スタッフの皆さんの施しをありがたく受け止めている自分がいます。
ありがとうございます、は必ず言いますし、要望も素直に言います。
つまりは過ごしやすい環境になっています。

毎日、回診に来てくださる主治医とも、気兼ねなく話すことができます。
前回入院時と同じ方ですが、昔は医者は敵みたいな態度でいたから、我ながら成長したなあ!って感じます。
看護師さんもいろいろ世話焼いてくださいます。

入院生活、落ち着いてきたようにおもいます^_^
b0291051_17250694.jpeg
鴨川のケヤキです♪



[PR]
by happyluna | 2016-04-19 19:15 | 治療

あっという間の

週末は家族が来てくれました。
ほんとはルナが帰るか、主人が迎えに来て外泊を検討していましたが、要酸素状態では不安も大きいから、来て欲しいと頼みました。

久しぶりというには大げさだけど、やはり嬉しい。
子どもはもちろんなんだけど、主人に会えたのがほんまに嬉しくて仕方なかったです。
何もかも理解してくれる、ワガママが言える、全てを受け止めてくれるパートナー
離婚すら考えていたのに、人生ってわからない(^o^)

隣のショッピングモールへ買い出しに行きました。
おねえちゃんの服、チビむすの長靴、ルナママのパジャマと食べ物いろいろ、みんなの翌朝の朝食、晩御飯と、2時間くらい居たかな〜。
車椅子でも疲れるんです。
車椅子は、車輪が受ける衝撃がダイレクトに身体にくるんですよね。
点字表示やマンホール、ちょっとした段差を、普通に突っ込まれると、、、背骨曲がりのルナはホントに辛い。
気持ち悪くなって、息があがってきます。
主人はもうさすがに学習して、スピード出しながらでも上手で、おねえちゃんもなかなかです。
車椅子も使うようになり、感じることはいっぱいあります。

話しがそれました(^^;;
買い物疲れで痛みがきて、子どもらは喧嘩するわ、なにかと騒ぐわでうるさくて、騒ぐなら帰れー!と怒ったり、、、
それでも狭い部屋に無理くり4人で過ごしました049.gif
出して構わないものは廊下に出したりして(笑)
担当主治医、よく許可してくれたよなっておもいます。
b0291051_22103213.jpeg
みんなが帰る前に鴨川散歩へ。
車椅子をおり、少し歩きもしました。
新緑が美しくて美しくて、涙がでました。
b0291051_22151942.jpeg
あぁ、悔しい、悔しい、悔しい
わたし、なんでこんな格好してるんだろう
ただ、健康になりたいだけなのに
歩きたい、みんなと一緒に歩きたい
みんなともっとたくさんの時間をすごしたい
b0291051_22185582.jpeg
(先頭はよそ様です)
這い上がることは慣れっこだから
また一歩一歩進むだけ!

あー
でも、ほんといろんな思いがこみ上げてきて、病院に戻っても涙が止まらず、子どもも泣きだしちゃって。
みんなでぎゅーぎゅーして、見送りました。
エレベーターがナースステーションの真ん前たがら、大泣きのルナちゃんがばればれ(^^;;
看護師さんに慰めてもらっちゃった!

さぁ、また来週の週末をたのしみに、また1日1日、がんばるぞーーー!!!



[PR]
by happyluna | 2016-04-17 22:20 | 治療

ようやくようやく!

抜いた胸水中の学習能力あるリンパ球さまを培養した、ルナちゃん専用リンパ注射は金曜日からスタートしました。
今日も無事に行ってきました。
あー、待ち遠しかったヽ(´o`;

13日に本来は入院予定でしたが、早めて正解だったのは、とにかく、胸水が苦しかった。
結局抜いたのは500に過ぎないのだけど、今のルナにはこの500が堪えるようで、、、
火曜日は本当に苦しくて、、、こりゃ本当にダメかもしれないと、遺書を書く方の気持ちがわかる気がしました。
でもー、、、
入院先の担当主治医も看護師さんも、ルナの苦しみにクールで〜〜〜
数値上の判断からなんだろうけど〜〜〜
苦しいのに〜〜〜と泣いてました。

生前のがん友ちゃんたちと遺書は書くか?について話したことがあるけれども、、、正直、このまま何もなく逝くのは、、、遺された方が辛すぎるのではないか?とおもいました。
遺書、、、がんを患った読者の皆様方はお書きになりましたか?

ルナは、書こうと思うに至りましたよ。
と考えながら、とにかく、この一晩、乗り越えたら、胸水を抜くから大丈夫だ!持ちこたえてくれ!と、静かに闘い、祈り、を繰り返しました。

はたして、ひとりで、主治医のクリニックにたどり着けるだろうか?
介助の方が居て欲しいと強くおもいました。
人に頼ること甘えることを遠慮している場合ではないとおもいました。
図々しいことは承知で、京都に住む同病の知り合いや、別ルートの知り合いに連絡をしてみました。
最近会ってもなくて、久しぶりすぎたんだけども。

そしたら、二つ返事で引き受けてくれることになり、おまけに、ルナも勉強していた足操術、彼はいまそれを生業として動き始めているんだけど、これを入院中してくれることになりました。
自分でやるより、人の施しを受ける方が、心地よい。
いまのルナは優しさが身に染みて、生きている悦びを感じるので、申し出をありがたく受けることにしました。

ルナは護られてる!
そうおもうのは、彼の住まいが何と入院先の超ご近所ということなんです!!!
スープか冷めない距離なの。
なんてご縁!ってそれしかありません。

で、13日朝、目が覚めて、朝日に向かって本当にありがとうございますと拝みました。
生きてた生きてた!目が覚めた!!!
無事にクリニックにたどり着いて、処置を得て、とても楽になりました。
胸水は綺麗な黄色で、、、そう凶悪犯の感じもしませんで、リンパ球が大量培養されるようナデナデしました。

という感じて、15から注射開始!
この二日間は自力で行けました。
タクシー乗り場まで、車椅子でフォローはお願いはしましたけど。
だけどね、今日は慣れない?方なのか、正看護師なんだけども、タクシー来るまで一緒に待ってくたさらず、大丈夫かなといって、背骨曲がりには辛い場所に座るよう促して、、、戻っちゃった!
ルナちゃん、放り出されてしまいましたわ(笑)
看護師さん観察は密かなたのしみ?
ちなみに、帰りはひとりで病室へ!

ただ、、、ルナちゃんはこの注射で発熱するんです。
今朝も発熱前の気怠さが襲い、なかなか苦しいの〜(^^;;
でも、これは生みの苦しみだから、いいの!
Dr.Kも2年前のことを覚えておられ、また発熱するんか〜と、なかなか少ないケースに珍しそう〜にされていました。
前と同じ!ということは効くっちゅうことや049.gif
b0291051_13112540.jpeg
鴨川の紅しだれ桜です。
本当にもう終わりなの。
青空バックにとうとう桜を撮影できて、嬉しいです016.gif

追伸
九州が大変なことになり、胸をいためております。
どうぞ心を強くされお過ごしくたさいますように。
一刻も早い事態の収束、復興をお祈り申し上げます。



[PR]
by happyluna | 2016-04-16 23:00 | 治療

入院してまーす!

胸水の治療のために今週末に入院を予定していました。
が、救急車騒ぎがありましたから、可能なら入院を早めたいと主治医に打診しました。
主治医も様子が見たいし近くに居たら対応できるから、うんうんと二つ返事で手配して頂きました。
月曜日に入院しました。

また、このたび在宅酸素も念のため設置しました。
あったら気分的に落ち着くし、発熱あるし、また移動も長いから、お守りにもなるやろー、と主治医が頼む以前に手配してくださったのです。
酸素については実は救急でも聞いてみたんですけど、保険適用のための条件があり、ルナの状態ではまだ適用しないと言われちゃったんですー(^^;;

しかーし!
さすがの主治医で、救急から帰宅して暫くした後に主治医が提携している担当さまから直ぐに電話がありまして、夜には早々に我が家にやってきた(笑)
全国に営業所があるらしいので、名古屋地区担当さまが来てくださったのです。
酸素という命に直結することだから24時間対応らしい!

で、ちなみに
入院予定変更のため、主人の仕事の調整、学校への諸々の連絡やら、夫婦で頭ぐるぐるしました。
ルナ夫妻は同じ会社だったから、彼の上司も同僚もまぁよく知っています。
主人は極めて真面目な人なので、そう迷惑をかけるタイプではないし、奥さんはそれなり会社に尽くしてますからっ!!!(笑)
殺伐とした現場にあっても、緊急休みには上司や同僚も充分配慮してくださるように感じます。
これも、ありがたいことだよな、とおもってしまう。

で、
ほぼ出発朝からの入院準備だったから、主人がんばりました〜
ルナは準備の戦力として貧弱だから(^^;;
で、
チビむすが「母ちゃんといたいー」と泣き出す。
おねえちゃんは「ずる休みしたいだけじゃん!ふざけるなー」とブツブツ言いながら支度をする(笑)
ルナ母ちゃんは、正直、寂しいし、術後検査があるから皆勤賞は無理だし、泣いた子を短時間におさめるのが面倒で、、、(^^;;
「母ちゃんは入院するんだから、必ず帰らないといけないよ。休むのなら、母ちゃんはあんまり動けないから、父ちゃんの手伝いをしてもらわないといけないよ。車で行くし、いつもより混んでるから、長時間覚悟だよ。ぐずぐずして、嫌だーと途中に言うのはダメだよ。お約束できるか?」

ぱあっと顔色かわり、にやけた顔になる
こりゃ、チビむすの戦略勝ちで、おねえちゃんが「ふざけるなー」言いながら学校へ行きました(笑)
主人はマジかいな?!という感じだったけど、もはや何も言いませんで、
「○ちゃん、じゃあすぐ手伝って!」と。

11時にようやく出発できました。

もともとナビが壊れていまして、いつものルートを回避しようと先日に我が父が選択したルートを行くは良いのだけど、、、
地図が頭に入らない人種の主人という人、父の説明もむなしく高速を降りてしまいました!

遅い出発、馴染みのないルート、嫌いな名古屋高速の下を走る一般道、グーグル先生も何か勘違いしてるし、イライラが爆発!!!

暫く走ると亀山JCT渋滞30kmの表示とともに東名阪道に入る看板が見えたから、腹をくくるしかない、
渋滞覚悟して、わざわざ遠回りして結局いつものルートを走るんだーと、お互いやり場のないイライラで、雰囲気悪いったら!

口には出さなかったけど「何でこんな音痴なんだー」とルナは怒りMAXでした。
キャリー用酸素ボンベがあったから、怒りだけでしたが、酸素がなかったら?と想像できない恐怖だったでしょう。

いつも立ち寄る御在所SAがようやく見えてきて、休憩と昼ごはん調達しました。
もう怒りはこのときは完全におさめてましたよ(笑)
何でも食べたいもの、お菓子も買い込み、みんなでニコニコ、いざ、渋滞地帯へと出発しました。

そして、わたしは大いなる存在に守られている!
そう確信したのです。
なんと、いまだかつてない、信じられないほどのガラガラ高速道路だったんです!!!
びっくりポン!

あぁ大いなる存在よ、怒りを爆発するみっともない私をおゆるしください。ありがとうございます。ありがとうございます。

何度も手をあわせてしまいました。

先に主治医のクリニックに寄り、顔見てとにかくホッとしました。
診察してくださり、思ったより元気そうでヨカッタヨカッタと。

で、そのあとに入院先へ移動。
大荷物の搬入はチビむすもしっかり手伝ってくれて、搬入後も主人は休むことなく荷物整理、病院とのやりとり、私への酸素の使い方の説明やら諸々、頑張ってくれました。
みんなで晩御飯を食べていっときの休憩をして、おしまいにみんなでギュウギュウとハグしまくって、20時前に病院を出発しました。
ほんとに感謝しかないです。
(あ、おねえちゃんは父母にお願いした)

離れるときは寂しくて寂しくて。
踏ん張って踏ん張って生きて帰らなくちゃと、強くおもって、泣きながら見送りました。
b0291051_17224960.jpeg
増築されたばかりのお値打ちの個室におります。
この部屋のたまたま第一号みたい?
これも、ありがたいですよね。

とりあえず、入院についての記録をしたかったのでいたしました。

入院の様子、また、レポートします。
月曜日入院で正解だったのです。
ほんとに1日、1日。
今日という1日!
ずぅずぅしいですけど、応援よろしくお願いしますm(__)m



[PR]
by happyluna | 2016-04-14 17:35 | 治療


2012年秋、40歳で肺癌4期判明。愛する家族、日々の暮らしetc. 瞬間(いま)を綴ります。


by happyluna

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
はじめに
発覚時の状況と経緯
食事療法
日常生活
補完代替療法
漢方治療
日々の養生
講演会・セミナー
子供の成長
通院
治療
心の旅
趣味・楽しみ
アロマな生活
クックパッド
お気に入りサイト
写真
未分類

最新の記事

ありがとうございました。
at 2017-01-05 00:48
ありがとう!
at 2016-12-31 17:10
クリスマスパーティー2016
at 2016-12-27 07:50
ビタミンカラー 2016.1..
at 2016-12-17 23:10
残念でしたな 2016.1..
at 2016-12-11 22:15
トラブル 2016.12.08
at 2016-12-08 22:30
我が愛するこどもたちへ 20..
at 2016-12-07 11:00
結婚記念日 2016.12.06
at 2016-12-06 23:00
感激の花束 2016.12.03
at 2016-12-04 22:35
今日の出来事 2016.12..
at 2016-12-02 22:25
今日の出来事 2016.12..
at 2016-12-01 22:20

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

病気・闘病

画像一覧