<   2014年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

退院祝いランチ

今日はママ友とランチしてきました。
一人は看護師の、一人はチビちゃんがすっかりお世話になってるママさんで、3人とも上も下も学年が一緒です。
退院して元氣になったらランチに行こうねと言われていて、実現しました。
すっかりお世話になってるママ友さんに、自分のことを話しておきたいと強く思ってました。
ランチに誘ってくれたのはママ友さんのほうですが、これはチャンス~って。

肺の疾患という話だけはしてあって、京都に治療に行くという話もしてありました。
何の病氣?などと聞いてくるような人ではないんですが、ちゃんと話したほうが、奥歯に物がささったような話し方をせずに済むと思って、話したかったのです。
まさか、癌なんて!という感じですが、普通に受け止めてもらえましたし、私も治療についてとか、日常生活のお話や、入院中に何してたかとか、そんな話をいっぱいしてきました。
ずーっと話してた感じ(笑)

「うまい言葉が見つからないけど、これからも力になれることがあるならするから、何でも言ってね」
優しい言葉をもらいました。
看護師の友達は、一番、体調が底だった時に会った例の彼女ですが、あの時と明らかに違うー元氣そうに見えると言ってくれたし、だいたいの話を聞いて納得してくれたみたいで、彼女も誘って良かったなと思いました。

健康の大切さ、睡眠の大切さ、楽しい時は心から楽しんで!
私から、健全な家庭生活、日常生活を営む彼女たちへの、病氣にならないためのアドバイスなども、エラそうに話してきました。
b0291051_1540262.jpg

ランチは天麩羅御膳で、天ぷらは揚げたてサクサク。
おかずもたくさんあって、美味しかったです。
ありがとう!これからもよろしくお願いします(^人^)
[PR]
by happyluna | 2014-02-28 15:47 | 日常生活

主人の勤務

胸水がたまり始めて、それがゆっくりなら良かったけど、超絶?スピードで溜まっていったので、主人も相当に心配したようです。
当たり前っちゃ、当たり前だけど。
夜中は物音がしても滅多に起きない人ですが、私がちょっとでも寝苦しくて(ビシバニール発熱の副作用で)起きてると、すぐに起きたりして、あの頃は、ほんとに緊張していたようです。

「さすがに、やばいと思ったでしょ?」
あとになって聞きましたが、駄目だとは思ったりはしなかったけど、流石に緊張して焦りも感じていたと言っていました。

会社のほうはこのタイミングで日勤勤務に変更してもらっていました。
下のチビちゃんも、入院と同時にお姉ちゃんと同じ時間に起きるようにして、早朝保育に行くという生活になりました。
退院してからも早朝保育に連れて行くことにしたので、朝、私の時間が増えて、自分の朝の時間の使い方をいろいろ考えました。
で、やっぱりチビちゃんは早くに保育園に連れて行くに限る、ということに。
年長さんになるし、小学生になる準備として、早起きを定着させるのはいいかなと思いました。

で、
とうとう、主人も日勤勤務終了。
昨日から、交代勤務に戻りました。
ひとりでできるかな、、、。
かなり、甘えてしまってたので、不安でしたが、なんとか、やれそうです。
おねえちゃんにいっぱい手伝ってもらってるけどね。
[PR]
by happyluna | 2014-02-27 20:18 | 日常生活

執念!

いまだかつてここ以上に美味しいいちご狩りファームに出会ったことがない、と断言できます。
大府市の茜園さん、100%土耕栽培で、有機肥料使用、減農薬栽培されている。
理想は木村さんりんごみたいな自然栽培完全無肥料栽培だろうけど、相当な苦労でしょう。
引っ越す前に馴染みのスーパーに少量置いてあって、それで知ったのが茜園さん。

いちご、大好きだけど、農薬落としで洗うと随分とそれらしいものが浮いてくるのがいちご。
減農薬栽培でも大変なんだろうと思う。

春のお楽しみ、いちご狩り。
胸水騒動でさて行けるのか、予約のことはお互い言い出さない状態でしたが、3月の予約、とってみようかと、ようやくそういう話になりました。
夫婦で電話をかけまくりかけまくり・・・予約日の昨日はついぞ繋がらず(;_;)
今日、やけっぱち?で何度かかけてやっとつながり、ほとんど最後に予約完了で滑り込んだ感じ。

ま、きっと予約できたタイミングがよいタイミングなはず。
果物も、癌患者には禁物!と厳しく指導される方もおられると思いますが。
私は果物が好きだし、幸せなキモチになれるし、美味しく頂いています。

今から心待ちにしてます♪
[PR]
by happyluna | 2014-02-27 17:16 | 趣味・楽しみ

はじめての・・・

恥ずかしながら、親になってもうすぐ10年になろうとするのに。。。
一度も、手作りプリンを作ってあげたことが、、、ナカッタ。
ワーキングウーマンのままのワタシなら、作ることはナカッタカモシレナイ。
あぁ癌ちゃんよ、母親をさせてくれて、ありがとう。

卵2個、豆乳300cc、甜菜糖適量で、混ぜ混ぜして濾して、蒸してみました。
b0291051_16143453.jpg

何が難しいって、蒸し方だね。火加減が。。。
味は美味しいから許してたも~れ♪ヾ(*´∀`*)ノ
卵1/4個分相当だし、甜菜糖でオリゴ糖も摂取できるし、これならワタシも許容範囲?!
[PR]
by happyluna | 2014-02-26 16:21 | 趣味・楽しみ

患者自身ができる、がん克服術

昨日は病院帰りに、掲題の、織田さんのお勉強会に参加してきました。
昨日は第一回で「がんの原因は無意識の領域に!」でした。
めぐみえんで自然栽培の蒸し野菜ランチを注文して、ちょっと遅刻で参加。
参加者の半分は健康な方、半分は癌患者という構成。

お話の内容は基本的なことで、私には復習といった意味合いが強いものでした。
でも、聞いたら聞いたで、そのときどきの学びがあるもので、参加して良かったと思いました。
1時間ほど講義のあと、参加者で語り合うスタイルで、美味しいお茶を頂きながら和やかに、でも真剣に懇談会といった感じでした。

退院後に久しぶりに身内以外とじっくり話をしたのですが、言葉に出すということはやはり、いいなぁと思いました。
ひとりでいることも大事なときがあるけど、気軽に自分のありのままを話せるというのは、心を軽くしてくれるように思います。

昨日の勉強会を聞いて、私は自分で自分を”治らない難しいレベル”とどこかで思い込んでしまってる、なぁということにはっきりと氣がつきました。
自分で自己治癒力に限界を設定してしまっている?感じだろうか。
まぁ・・・なんて、アホなんだろう(´Д⊂

勉強会の時点ではそこまではっきり認識してなくて、でも「どこかでダメだと思っている」感じの話をしたと思います。
やむを得ないといえば、やむを得ないかもしれない。
ステージⅣと言えば、病院に行けば、明るい話など一切ないレベルですからね。
「段階はあると思う。時間がかかることもある。でもそれでいいと思う」
織田さんに、そんな風に言われて、うん良し良し!と。
元来、真面目というかあまり冗談が通じない氣質なので、自信が持てるまで時間がかかるんだろうな、きっとね。うんうん。
身体は治りたがっている、、、それを忘れないようにしたいと思います。

最近、ある程度、情報はシャットアウトするようにしています。
そういうことを通じて、治っちゃうのは奇跡でもなんでもないと、思えるようになったらいいのかもしれません。
もう・・・治らん治らんとか、そういう情報は腹いっぱいだしね。
脳はちょっとアンポンなところもあるというし、笑顔を意識していつも愉しいぜぃ!と刷り込みさせるくらいがいいのかなぁ、なんてね~。

めぐみえんは2Fにコミュニティスペースがありますが、今後、あの驚異の生存率を誇る”いずみの会”とも連携して、週1回くらいのペースで”がんサロン”として開放することを検討されているそうです。
検討というか、間違いなく、近いうちに、めぐみえんにがんサロンが開設される。
患者さん同士で情報交換したり、たくさんの本が既に並んでるから、お勉強に行ってもいいし。
動けるガン患者さんは沢山いますから、お手当を学び合ったり。
「ルナさんが郭林氣功をやってくれていいよ。」なんて言われてしまいましたが、まさかそんなのもアリ?
現役患者だけどともに頑張ろうねって、アリかもですね~。
口に出せば実現するのかも?!
1Fの喫茶で出てくるものは自然栽培系ばかりだから身体にも心配ないし。
ちょっと嬉しい情報だと思いました。

帰りはめぐみえんの”今日のスイーツ”黒豆と生姜のおからケーキを買って、地下鉄駅までの道すがら、元氣に食べ歩きして帰りました。
久々の1日外出でしたが、、、さすがに疲れました。
でも、あぁ、ちょっとずつ戻ってきたなぁって思って、足取りも軽かったです。

織田さんがお手当の本を貸してくださいました。
はじめて読むわけではない本ではありますが、じっくりゆっくり復習がてら、勉強になります。
基本、こんなの無理・・・的内容も多いですが、自分でできるように工夫して、やれることはやる、それでいいんだと思ったりしました。
怖いけど優しいけどやっぱり怖いらしい川竹先生にはそれじゃぁ治らんわ、と言われるでしょうけどね(笑)
b0291051_14361363.jpg

[PR]
by happyluna | 2014-02-26 14:44 | 日々の養生

選択

今日はお世話になった病院に、紹介状をもらいに行ってきました。

主治医はとても優秀で出世頭で、手術前には精一杯の無理で検査を入れて下さり、基本は優しい方でした。手術不適応となり、呼吸器外科から再び呼吸器内科に戻るハメになったとき、もう会うはずもなかった主治医に再びかかることになり、残念だったねという顔と裏腹に、時折感じるキツさがどこか引っかかっていました。

私はプラチナ系抗癌剤を受け入れなかったので、所謂経過観察だけということになると、本当に面倒な患者だっと思うのだけど、診察はしまいにはいつも一番最後くらいに回されて。
結果がよくなっていけば良かったけど、”それ見たことか”ごとく、マーカー値は凄い増えようで増えていき、しまいに胸水が凄いスピードで溜まったという、結果としてはそうなりました。

自分の責任で、治療を選択してきた自分としては、とにかく機嫌を損ねないように無事やり過ごしたいばっかりで、「自分はこういう努力をしているから経過観察して欲しい」と思ってても、そこは主治医に伝わることはなかったと思う。
「私にどうして欲しいの?」と言われ、しまいに「それは私でなくてもいいですよね」と言われる始末でした。
そこで主治医の提案でもあった癒着を受ける選択を一旦は決意したのですが、胸水満タン目前にして、私は主治医から離れることを選択し、京都の先生にお世話になることにしたわけです。

低用量抗癌剤については何度も訪ねたけど、一般的な大手病院では所詮無理なんだろうなと。
だから、主治医についてどうのこうのっていうのはありません。
心配してくださってたのは間違いないし。
お世話になりました、という氣持ちだけです。
わがままな患者でした。
ご迷惑をおかけしました、とご挨拶もできないままでしたが。。。

でも、癌難民になるわけにはいきません。
当然、地元でのかかりつけ医を見つけなければいけないです。
最初に、気管支内視鏡をしてくださった先生のいる病院にお尋ねして、”経過観察ならお引き受けする”という言葉だけは、胸水治療を開始する前に確認しました。
実際にはわかりませんが、主治医と京都の先生からの紹介状を持って、今度行ってみる予定。
「多分手術になると思うよ」と気管支内視鏡検査後の診察時に励ましてくださった肺癌の専門医。
引き受けてくださるといいなぁと、今はそれを考えています。

ダメな場合のバックアッププランもあります。
たまたま、京都の先生の患者さんが私のご近所さんにおられるようなのですが、その方が現在、通院している病院で、超ご近所の病院です。
そこの場合は、京都の先生と既に交流があるので、話が早いです。
ちなみに、京都の先生は在宅医療医としてもお仕事をされており、クリニックに夜中に電話すると、先生の携帯に繋がるようになっているんです。
だから、私の場合も、何かあったらいつでも電話してきなさいということになっています。

自分で選択す道を選ぶ場合は、地元でのかかりつけ医の存在がやはり必要です。
医者にはかからん!というツワモノ様も大勢いますけど、余計な心配や不安を小さくしておくという意味では、私の場合は、必要かなと思っています。

でも、当然、地元の小さい病院では(保険の範囲の)最先端医療設備などはありません。
そういう意味では、ブランド病院は整っているし、安心感があります。
・・・が、これもものは考えようで、お世話になるかもしれない=自分はどんどん悪くなると考えるから不安になるんであって、”私はお世話にならない(なったらなったときに考える)”くらいのキモチで、まずは今の治療を信じて、日々精進と行きたいなぁと考えています。

ま、収まるところに収まればいいなぁ、くらいに。
すぐ悪いように考えちゃう癖を、改めて、今の元氣に感謝して、毎日丁寧に、精一杯生きる、、、今はそんなところにいる、感じのルナです。
胸水という死をリアルに感じさせるこのネガティブメッセージは、自分にとってはきっとターニングポイントになる、そんな感じがしています。
[PR]
by happyluna | 2014-02-25 20:06 | 治療

泣いて復活?!

土曜日はなぜだかわからない落ち込みに泣いて泣いて。
それから情報はシャットアウトすることにして、日曜日は過ごしました。
いろんな意味で、情報過多や強すぎる念は、跳ね返ってくる感じ、なんですかね?

産直市場に買い物に行って氣分転換。
風もなく穏やかだったから、家族で公園に行って、ボール遊びしたり。
私は体幹運動やスワイショウ、ソフトスクワットの三点セットをやって、時々ボール遊びに参加して。
お池の周りをお散歩して、1時間以上、お日様の光をたっぷり浴びました。
とても氣持ちが良かったです。

御飯の支度もちゃんと出来ましたし。
最近は、家族みんなで携帯のゲームにはまってるので、競争したり。
のんびりできました。
家族のみんなに感謝です。

月曜日の今日もとても心地よいお天氣です。
朝から学校の交通当番で、次女と一緒に横断歩道に立って、おつとめを果たせました。
それから、今日は久々に、外での郭林氣功実践です。
前のように、きつい呼吸(知らない間にそうなってたんだけど)にせず、風呼吸という通り、さわやかな風、風、風っていう感じで、吸って吸って吐いてー、とやっています。
実践後の充実感が心地よいです。
もう少し練功時間を増やしたいですが、意固地になってイライラすることのないように。
そういうところからは、胸水騒ぎで少し脱却できたように思います。

4月に名古屋で春名さんの郭林氣功実践会があります。
胸水で溺れ死そうになってたときは”(4月が)遠いな、行けるかな”と正直、感じていました。
でも、梅も桜も愉しみだし、春名さんの実践会に参加できることを、今は心待ちにしています。

これで良くなった!生き証人にまだなれてないけど、私はこれは絶対に良いと思っています。
郭林氣功で元氣になる、生き証人になる!最近思いついた、目標です。
癌と闘う人のための氣功であり、攻めの養生であります。
患者さん支援活動をされている織田さんのサイトにて4月に開催される春名伸司さん講師の郭林氣功実践会の告知があります。
 @名古屋市北生涯学習センター 視聴覚室
 DATE: 4月12日(土)
 TIME: 1300-1600pm
心も身体も健康になることを目指して、頑張ろうという方、ご参加くださいね。
きっと仲間がたくさんいると思います。

 
[PR]
by happyluna | 2014-02-24 14:12 | 日々の養生

ダメダメ

今日は全くダメダメな日。
10時くらいまでは良かったんだけど。
そっから何か、なんにもないのに急にテンションが下がり、、、・
何もやる氣が起こらず。
ダラダラダラダラ。

昼ごはんも晩ごはんもサボりました。
晩ごはんは主人がつくってます。
彼らには食べに行って欲しかったのに・・・・・・。
食べに行って来いといっても、作るといって聞いてくれません。

ダメダメな自分が不甲斐なくて、泣いてしまいました。
自分の存在価値ってあるんだろうか?
そんな風に考えてしまう自分がいて、何でこんな風に思うのか。
テンションが落ちまくりです。

自分よりつらい人なんて世の中、ごまんといるのに。
そう思うと余計に、、、ますます、テンション下がります。

神様、ごめんなさい。
大事な一日を無駄に過ごしてしまいました。
寝たら、復活する、、、はず。
[PR]
by happyluna | 2014-02-22 18:46 | 日常生活

散歩の行き先 「本家尾張屋 錦富小路店」

入院期間中に外出していろいろ散歩した、記録です。
錦市場を見てみたくて、出かけました。
いけまさ亭、やお屋の二かいさんの長寿ランチも魅力的で迷ったのですが、その時点の食欲で結局、蕎麦屋の尾張屋さんへ行くことにしました。
b0291051_1475535.jpg

美味しいお蕎麦でしたが、このときは超寒くて体調もイマイチだったのもありまして。
もっともりもり食べたかったです。

しかし、食べたあとにちょっと落ち着いたせいか、どうしても甘味が欲しくなり。
胡麻豆腐の黒蜜かけというのを食べ歩きできるのを見つけ、食べました。
しかし、、、この猛烈な寒さに、胡麻豆腐がキンキンに冷えていて、食べて後悔というのはこのこと。
胡麻豆腐、あったかくしても美味しいのに、、、残念でした。
レンジでもあれば、チンしてもらいたいくらいだった。
蕎麦であったまった身体がいっきに冷えちゃって、、、後で見つけたわらび餅食べ歩き用を見つけて、ショックも倍増((笑)

そうそう、入院前に実は主人と治療のために京都に行ったときに、一度錦市場に足を運んで、豆やさんのランチを頂いたんです。
そのとき、定番の豆腐ランチがなくなってて、黒豆そうめんランチでした。
まさかこんなにキンキンに冷えてるとは!と出てきて思ったのですが、このク○寒いときに、氷でキンキンに冷やしたそうめんが出てくるんです。
「にゅうめんにすべきでは?」と思わず店員さんに言っちゃいました。
ほんと、外で食べるとこういう失敗があるので、注意しないとね(* ̄m ̄)

それでも錦市場を端から端までゆっくり歩いて見てまわりました。
テレビの取材が入ってた惣菜屋さんで、いとこ煮(かぼちゃとあずき)を見つけて、やったー!と思って迷わず買い込んで、晩御飯に頂きました。
ちなみにあんこが甘すぎてショックでしたが、久しぶりのかぼちゃ、嬉しかったです。

あとはおせんべい屋さんで、お煎餅と、青大豆の湯葉などを買い込みまして、錦市場をあとにして、クリニックに向かいました。
病院に戻ってから、即、足湯であったまり、三井を仙骨に当て続けて身体をあっためてホッとしました。
足湯(レッグホット)持ち込んで、マジで良かった~と思いを強くした日でもありました(笑)
[PR]
by happyluna | 2014-02-21 14:23 | 趣味・楽しみ

自己管理のために?

サチュレーション(血中酸素濃度、SpO2)を確認するために、お安く入手。
入院中、毎日何回も測ってもらってましたけど、そのときに欲しいと思ったのでした。
b0291051_13451765.jpg

日本では医療用で認められていない機種だけど、十分かなと。、
自己管理というか自己満足?の世界だけど、死にかけたように思った自分としては、チェックしていこうかなと思った次第です。

あとは、ユーフォリアQというビワ温灸器もお安くゲットしました。
今まで火入れしてましたけど、ビワ葉を使いながらエキスとダブルで温熱していこうと思います。
(ビワ葉はなくてもいいけど)
肝臓、腎臓、仙骨、背骨、肺のツボ、短時間にできる上に、暇さえあれば回数は増やせます。
しかも手軽、寝ながらできる、匂い気にならない、換気扇汚れないetc.
入院中でも煙でないから、持ち込めます。
私は入院中テレビを見ながら、三井かユーフォリアかどちらかをだいたいやってました。

今は三井温熱器でギューッとあっためてから、ビワ温灸、というのを寝る前にしています。
ハイパーサーミアは私はあまりやる氣がしないけど、自分で毎日温熱できる三井やビワ温灸は氣持ちがいいし、とても好きです。
何かできることはないかとお考えの方にはおすすめです。
[PR]
by happyluna | 2014-02-21 13:57 | 日々の養生


2012年秋、40歳で肺癌4期判明。愛する家族、日々の暮らしetc. 瞬間(いま)を綴ります。


by happyluna

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめに
発覚時の状況と経緯
食事療法
日常生活
補完代替療法
漢方治療
日々の養生
講演会・セミナー
子供の成長
通院
治療
心の旅
趣味・楽しみ
アロマな生活
クックパッド
お気に入りサイト
写真
未分類

最新の記事

ありがとうございました。
at 2017-01-05 00:48
ありがとう!
at 2016-12-31 17:10
クリスマスパーティー2016
at 2016-12-27 07:50
ビタミンカラー 2016.1..
at 2016-12-17 23:10
残念でしたな 2016.1..
at 2016-12-11 22:15
トラブル 2016.12.08
at 2016-12-08 22:30
我が愛するこどもたちへ 20..
at 2016-12-07 11:00
結婚記念日 2016.12.06
at 2016-12-06 23:00
感激の花束 2016.12.03
at 2016-12-04 22:35
今日の出来事 2016.12..
at 2016-12-02 22:25
今日の出来事 2016.12..
at 2016-12-01 22:20

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

病気・闘病

画像一覧