<   2013年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ぶどう狩り

猫の額ほどの庭の一部に、ぶどうを育てています。
実をつけるようになって3年目になるかな。
当時、ガーデンデザイナーさんが、”ぶどうが似合う!”と、チョイスしてくれたのです。
全く、なんにも勉強もせず、適当な感覚で摘果してます。

冬の間に油粕をやるだけで、肥料は一切なし。
水もあまり熱心にあげないで、甘やかさないようにすることには注意して。

毎年、葉に毛虫みたいなのが湧くんですけど、殺虫剤はしませんので、箸でつまんで除去するのが、何となく、仕事になってます(^O^)
(自然栽培の世界では、虫って肥毒を除去してくれてるとか?)

今年も実をつけてくれまして、今日、収穫してみました。
b0291051_20282437.jpg

種がとても多いんだけど、甘くて美味しくできました。
ただ、房の数が多すぎかつ、粒が小さいので、まだまだ摘果が必要で、これは来年への宿題。

しかし、段々、甘くなってく感じがする~!
お隣さんや、お世話になっている方々へも、おすそ分けです♪

来年もまた世話をさせてもらうね!と、春からずっと目をかけてきたぶどうちゃん。

今日もよい一日をありがとう!


癌友のMちゃんの真似をして書いてみる。
今日のルナ
体温(脇下) 36.6度 快便
[PR]
by happyluna | 2013-08-31 20:41 | 日常生活

奇跡のおじいさんがいる足つぼサロン

今日はスマーティでたっぷり汗をかき、磁気シャワーと足つぼをして頂く日。

しかしながら下の娘の咳が結構激しくて、保育園をお休みした関係で、フルコースはやめて磁気シャワー&足つぼだけにしました。

奇跡のおじいさんと言う所以は、悪性リンパ腫から肺にも転移して胸水もたまった状態、余命なし宣告から生き返ったからです。
夜中になると40度の熱が出るという生活が1ヶ月続き、毎晩、汗びっしょりで何回も着替えをされたそう。
既に8年が経過しておいでになるので、おじいさんの癌は本当にこの熱で成仏したんでしょう。
奇跡の生還を果たしたのち、奥様と娘さんでサロンをはじめられたんですね。

その奇跡のおじいさんを支えた奥様と娘さんが、またパワフル!
癌患者を相手にしていれば、悲しい現実が必ずある。
そういう現実に引きずられないで、癌患者の不安を受け止め、元気になる話をしながら、足つぼ(若石法)してくださるんですよね。

このサロンに長女はこの夏休みに何回か連れて行きましたが、ちびと二人揃っては初めて。
迷惑かけるかなと思いつつ、折り紙はじめ、いろいろ持って行きました。

で、足つぼを終わったあと、奥様が「子供さんが飽きるまで今日はシャワーにかかってて。」とおっしゃる。
?と思ってたら、奇跡のおじいさんと奥様が、手遊びで二人の相手をしてくださったんですね。
シュークリームまで頂いて(*´▽`*)


足つぼは、若石やオハナの先生の本を読めばご自分でできます。
自分で何かできないか?とお考えの方は、取り入れてみてはいかがでしょう。
私も毎晩、基本手当の一つとして、お風呂で足つぼやってまーす!
やはり、肺の反射区は他より痛いのよね( ̄▽ ̄)
[PR]
by happyluna | 2013-08-30 20:27 | 補完代替療法

楽しい女子会

今日はホルミシスの日でした。
ルームに入ったあとは、温泉入ったみたいにポカポカ。
とある患者会に参加して出会った癌友ちゃんたちに教えていただきました。
患者会でもすっかり”女子会メンバー”と言う名で、今では通っているらしい(^O^)

ホルミシスの後はランチも楽しい。今日はビーガンランチ。
b0291051_20155965.jpg


この女子会が凄い?のは、無治療さんが二人も居る。
Lilyちゃんは、初参加時の不安で孤独でいっぱいの私の語りに涙を流してくださった。
あの時の、”私はひとりじゃない”という感覚は、今でも忘れません。

彼女のブログ。
乳がんだけと無治療

文字通り、西洋医学的治療は一切やらずに、一般にはアウトローと思われることも、自分で選択しながら現在進行形で向き合って頑張っている、その道では有名人です。

私は手術は否定しませんし、彼女もそう思っていると思う。
でも、タイミングが大事で、彼女はじっくり考えてますね。うん。尊敬!

癌が治った人はたくさんいると思いますが、抗がん剤を全否定したり、”抗がん剤をやらないで治した”という方も、手術している方は実は多いのではないか、という印象を持っています。

できるものならしたかったけど、切ってもらえなかった私としては、そういう意味で、”自助努力で完治”という実例として、語り続けて頂きたい、そう願っているのです。

女子会では、Yちゃん(無治療)、Eちゃんも、自助努力を重ねながら、日々頑張っています。

肺癌は一般に進行が早いし、まずは生きていかなけりゃと思うと、無治療という選択は私は最初は知らなかったし、今もなかなか覚悟が足りないですが、女子会4人で2人が文字通り無治療って・・・結構、貴重な世界を見ているのかなと、思います。

みんなで治っちゃおうね!って頑張ってるんです。

私は、自分の友達には自分が癌になったことはまだ話していません。
看護師の友達には話しましたが、それ以外にはまだ話せていない。。。

自分のことを気楽に話せる癌友ちゃんたちは本当に貴重で、ありがたい存在。

みんなと会うと、元気がもらえます。
[PR]
by happyluna | 2013-08-29 20:43 | 日常生活

私の飲んでる野菜ジュース

野菜ジュースは私の食事療法の要で、2012年10月末から飲み始めました。
癌患者さんでジュースを飲んでおられる方は多いと思いますが、いろいろと試行錯誤を繰り返し、今は飲み方が落ち着きましたので、ご紹介しておきます。
b0291051_1022210.jpg

材料
野菜
キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、セロリ、小松菜、ほうれん草、シソの葉、パセリ、、サニーレタス、セロリ葉、明日葉、人参葉、人参
果物
りんご(半分)、キウイ(半分)、レモン(半分~1個)
その他
金時生姜粉末少々、黄金生姜(すりおろしを冷凍して保存しておいたもの)、きなこ(大さじ1くらい)、すりごま(適当)、オメガ3系オイル(適当)、酵素粉末

野菜類はもちろん全てが入るわけではありません。ないもののほうが多いくらい。明日葉、人参葉、セロリはあれば入れます。明日葉は庭で育てているので、ないことが多い。
ちなみに写真右上に見える大量の緑はパセリで、大量に入れます。残留農薬が心配という声も聞きますが、一応、除去する下ごしらえはして、あとは。。。気にしません。もともと食材には注意してきたのに、癌になっちゃいましたしね、だから私の場合はまぁ、いいでしょうと思っています。パセリ消費量日本一の自信があります(ナンテネ)
ちなみに、人参の搾りかすを少々ジュースに入れてしまいます。

果物類は果糖があるからダメ!とおっしゃる方がいますが、鶴見先生の考え方も参考にしているので、ありがたく摂取しております。りんごは農薬を落とす処理をして、皮ごと。レモンはネットで国産ノーワックスを入手しています。
果物は食後のデザートでは食べなくなりました。頂くなら食前か空腹時。

その他類は、ゲルソンの星野先生の本を見たときからごちょごちょ入れるにいたりました。
オメガ3系のオイルは病気発覚前から摂取しておりますので、飲んでれば癌にならないといことはありません。フラックスオイルだったり、現在は加熱できるのにオメガ3をしっかり含む、グリーンナッツオイルにしています。

参考にしたのは、済陽先生の本や、西式甲田療法の本、方々で入ってくる豆知識から、自分の納得したものをプラスして、今の形になりました。
生姜類は、冷えを防止するためにも入れています。

これらの野菜、果物は全て野菜を常温に放置しておいてから、ジューサーにかけます。順番があって、人参が一番最後になるように入れています。
朝起きて、冷蔵庫から人参やりんごなどの大物はまず、出しておくのです。
朝の儀式にそれなりに時間がかかるので、作る頃には冷たさは感じない。
b0291051_10302115.jpg

仕上がりは400mL前後かな。野菜ジュースが私の朝食。仕上がりから30分以内に、よく咀嚼しながら飲みます。

朝は多めに、夜は200~300mLです。
あくまで、私のジュースであって、癌が治るわけではありませんので、あしからず。
体質改善、元気な腸の維持のためには欠かせない、食事療法の柱の1本であります。
[PR]
by happyluna | 2013-08-28 10:50 | 食事療法

自由研究のお手伝いと楽しいランチ

今朝出発前に書いた記事の通り、8/1に制作したものを本日、取りにまた焼き物の街に出かけてまいりました。その報告です!
自由研究に間に合わせるために、特急仕上げをお願いしました。
b0291051_21234390.jpg 

右側3作品が娘。左側3作品がワタクシ。

素晴らしい出来ではありませんか!!!

当然、下の娘もやりたいと言い出しました。さぁ・・・どうしたものか、ですが、また今度ね!(^O^)

今日は食べログでも割と評判が良さそうなお店にしました。
1階が雑貨屋さんで2階がカフェ。6グループが来て一杯の小さなカフェですが、とても雰囲気が良かったです。

私は食事のポリシーとして乳製品、牛肉、玄米を避けておりますので、それが入っていないメニューがあるか訪ねましたら、魚介のミネストローネがあるというので、チョイスしました。
b0291051_21325783.jpg
うんね貝やアサリ、きのこなどがたっぷりで、美味しく頂きました。
雑穀米かパンかチョイスなんですが、久しぶりにパンが食べたかったので、パンをチョイス。

ハード系が好きですが、たいてい乳製品が入っているパンがほとんどなので、残念です。

ちょっとだけ期待しましたが、食べたところ、うん。乳製品使ってる感じでしたが、少量だし子供にも分けるので、目をつむって、味の方を堪能しました。

子供は新じゃがとチキンのクリーム煮。二人で仲良く分けて、私のパンも少しあげました。


そして、散歩道を散策して、雑貨屋さんをまわり、陶器を見たり、ちょくちょくと買い物をして、最後にデザートタイム。疲れたと煩い子供をおとなしくするには一番です!
b0291051_21362919.jpg
桃のかき氷!
桃をまるごと一個使用してあって、右に見えるのが桃シロップ。

「ミルク使って伸ばしてますか?」って思わず聞いたのですが、桃だけをピューレにしているという回答で私も食べることにしました(^O^)
3人で写真のかき氷を分けあって、桃はほんの一口だけ、私の口に入りました。

いやー、美味しかった!今年、私にとっては最初で最後のかき氷だね。

かき氷もね、冷えるし、シロップがよろしくないのがほとんどなので、食べませんが、これは文句なし。

主人も食べたかったろうに。ホッホッホ!


しかし、、、、、実に高くついた自由研究だったなぁ。あははははは(´∀`)

来年も元気に手伝いたいと思います!
[PR]
by happyluna | 2013-08-27 21:50 | 日常生活

自由研究のお手伝い

娘の今年の自由研究は、陶器制作をすることにして、焼き物について調べることにしました。

とはいっても、三年生なので、たいしたことは書きませんけど、それでも調べて出てくる知らない漢字を書いたり、これから先勉強する”歴史”という言葉も、のちのち、頭に入ってこればいいんじゃないの?というくらいの気持ちでおります。

去年は適当にしかつきあってなかった宿題も、今年はみっちりとおつきあい(*゚▽゚*) 

小さい頃から、上の娘には手を出しすぎたせいか、どうも自分で考えるということが苦手ですし、私もつい口出ししてしまうので、、、この夏休みは”自立”ということを考えて、接してみました。

自分もこんな病気になっちゃったし、いつそのときがくるかわからないから、今までよりも丁寧に、接するよう、気持ちを切り替えることにしたんです。

今まで、ほったらかしにして好きなことをやってたので、天からの授かり物を大切にせよと、癌からの愛のメッセージと、受け止めております。

長いとおもった夏休みももうおしまい。

妹のお世話もしてくれて、実はともて助かっていたこの夏休み。

子供がいると自分のお手当生活に支障があるのでは?と思ったりもしましたが、いやいやそんなことはなかった。

子供は子供なりに心得ていてくれています。



さて、仕上がった陶器を、今から受け取りに出かけてまいります。

仕上がりが楽しみ!

下の娘も今日は保育園をお休みさせまして、皆でランチすることにしました。散策も楽しみ!

・・・どこで食べようか、思案中。
[PR]
by happyluna | 2013-08-27 09:44 | 日常生活

イキイキ酵素くんのパーツが!!!

2012年の10月末くらいから野菜ジュースを飲んでいます。
癌がわかって買ったのじゃなくて、その数年前に買って、一時期ジュースを飲んでたんですよね。
すぐ続かなくなったけど。。。機械はあったわけで、割と迷いなく実行に移せたというところがよかったかもしれません。

当初は1日2L情報に戸惑いながら、紆余曲折しながら、現実可能な量に段々と調整していきました。

朝はいいとして、昼は?15時は?夜は?いつ飲むのがいいだろうか?
夜は飲み過ぎると、食事が入らない。。。。でも食べたいし。。。
試行錯誤の連続でしたが、最近はもう落ち着いています。

ちなみに2Lなんてとんでもない量だと思います。
身体が大きい、運動量が多い人は受け付けるかも、ですが。

ジュースは発覚以来ずっと続けていることなので、今朝、娘が「先頭につけるやつ(ジューサーのパーツ)がないよ~」といったときはびっくり!ゴミと一緒に捨てちゃったんだ。きっと。

月曜日はゴミの日で、出してしまったあとなので、回収は諦めました。トホホ。

なしで絞ってみたけど、カスにだいぶ水分が残っていて・・・。一生懸命手で絞りましたが、これが毎日ではストレスです。

楽天某ショップで探したらパーツがまだ販売されていたので、急いでポチしておきました。
10倍セールをやってたので、ほかにも買い物してホッとしたところです。


個人的には野菜ジュースは体質改善にいいと思いますね。
癌になる人で、大腸系は暴飲暴食の方などは、ジュースはてきめんに効くでしょう。癌が治るという方もいるかもしれません。
でも、やっぱりそれはそれまで、どういう生活をしてきたか、というのが大きいと思います。

私は別に暴飲暴食をしてきたわけではありませんが、発覚前の一年間は人生で最大に太りました。
ですから、ジュースで随分すっきりしたと思います。

癌があっても!健康的な日々を送るために、ジュースは続けたいと思っています。

野菜ジュースの内容についてはまた別で。
[PR]
by happyluna | 2013-08-26 10:22 | 食事療法

発覚時の状況と経緯

家族構成
主人、娘2人

本記事は随時更新しています。

癌の経過
・2012年10月 健康診断で発覚
・2012年10月 気管支内視鏡、CT,PET、脳MRI。転移なし。ステージIa所見。
・2012年11月 手術時に胸膜播種確認。試験開胸に終わる。ステージⅣへ。
・2012年12月 分子標的治療開始。鍼灸通院開始。
・2013年02月 服用量減量
・2013年03月 京都Wクリニックセカンドオピニオン。
・2013年06月 東京Y醫院セカンドオピニオン。漢方治療(抗癌漢方)併用開始。
・2013年07月 脳MRI異常なし。
・2013年08月 更に分子標的治療の服用量減量。
・2013年09月 分子標的薬をやめ、漢方治療に専念
・2013年10月 脳MRI異常なし。PET-CT原発巣に集積認めるもSUVmax低下。遠隔転移なし。
・2013年12月 胸水出現。抗癌漢方卒業し処方変更。
・2014年01月 胸水増量。京都Kクリニックセカンドオピニオン。癌性胸水免疫治療開始。
・2014年02月 胸水穿刺、免疫治療実施。免疫治療後に低用量分子標的治療開始。治療を通じての胸水穿刺量は合計約6L。
・2014年03月 胸水残量あるも軽快傾向。
・2014年04月 胸水さらに減少。
・2014年06月 腫瘍マーカー減傾向(発覚時から上昇の一途。2014年03月からの減少傾向は初)
・2014年07月 腫瘍マーカー治療開始前(02月)に戻る。脳MRI異常なし。
・2014年10月 腫瘍マーカー上昇中。胸水残量あり。胸部腹部単純CT、造影CT新たな転移所見なし。
・2014年11月 40度の高熱、CRPの急上昇(入院時18、退院時0.5)、肺炎併発するも無事生還。分子標的薬の断薬。極端に歩行機能が落ちる。
・2014年12月 転地療養。自然療法治療家のもとで独自の手技療法、運動療法、温熱治療を受け体力が戻り始める。
・2015年01月 腫瘍マーカーがどんと増加
・2015年02月 腫瘍マーカー増加スピードやや鈍化
・2015年03月 胸部CTにて右肺転移確認、京都Kクリニックにて胸水穿刺500ml
・2015年03月 PET-CTにて右肺、左副腎、腹膜、骨転移、少量の腹水確認。骨転移SUVmaxは悪性基準値に満たない段階。胸水増加は認めず収束傾向との診断。
・2015年03月 京都Kクリニックにて低用量抗がん剤治療開始。インターバルは1/3W。アリムタ、アバスチン、骨転移用にランマーク使用。
・2015年04月 疼痛コントロールはオキシコンチンを5mg×2/Day、頓服としてロキソニン最大1日3回まで、レスキューでオプソ使用。
・2015年05月 腫瘍マーカー下がり始める。体調もどんどん回復。オプソはほとんど使用しなくなる。
・2015年06月 腫瘍マーカーほぼ半減。
・2015年07月 腫瘍マーカー低下率の鈍化、CEA上昇へ転じる。
・2015年07月 画像検査により右肺転移部縮小、左副腎転移部消失、腹膜転移部消失、腹水消失、新たに肝臓転移確認。左肺は胸水増量(約500cc)により大きさ不明だが右肺著明な縮小傾向から原発である左も同用に縮小と予想。主治医より治療方針転換打診有り
・2015年09月 肝臓転移あることから白金製剤追加
・2015年11月 腫瘍マーカーは7月から結局下がる傾向なく検査のたび上昇。アリムタに耐性との判断。
・2015年11月 画像検査にて肺は再びやや悪化傾向、肝臓もやや悪化傾向、骨転移については引き続き消失傾向、副腎転移に関して復活はなし、胸水は変化なし、腹水なし。
・2015年11月 治療方針を練るため白金製剤は4回投与で一旦終了にして休薬。胸水は相変わらず500cc程度。抜かずにそのままにしている。
・2015年12月 休薬中したもの、12月の腫瘍マーカーは11月と横ばいでやや安堵。治療方針決定。

CEAは2014年秋に350確認を最後に以降、正確な数値は主人預かりとしている。

漢方は継続中。やめるつもりはありませんときましたが、費用面から継続如何を検討中
漢方はやめました

続く

手術後の感想
術後直後は、手術をすると、術後の痛みなどで苦しむことがあると聞くいていたので、切れないなら切れないで私は良かったのかも、と気持ちを切り替えた。

セカンドオピニオン後
”PETにも映らない小さなものは何とかなる。原発巣を何故切ってもらえなかったのかね(医師が未熟だ)”というのが、共通した意見。。。本人の体力や状況を考慮し、確かに、、、切っておいてくれたらよかったのにと、最近は思ったりするが、今更ね。

自覚症状等
むくみ、蕁麻疹、しびれ、下痢気味などの身体の異常サインはあったが無視していた。
咳、痰などはなし。
2012年12月くらいは寝汗がひどかったが、体質改善して減り、漢方服用後から気にならなくなった。
2014年01月、ちびの歩くスピードで息苦しくなり、これはおかしいと思った。はじめてのまともな症状だった。
2014年07月、胸水はまだあるらしいが、息苦しさや痛みはない。
2014年07月後半より咳痰が増えだし9月頃をピークに大量に痰を出し続ける。
2014年10月頃、咳痰の収束ののち、大量の咳等で疲れて傷んだ?背脇筋に力入らず歩くのが辛くなることもあり。本タイミングで漢方処方変更となり、筋や筋肉の回復へのアプローチ開始。
2014年10月、引き続き胸水はまだあるらしいが、息苦しさはない。
2014年11月、内臓機能低下由来と思われる身体状態の変化が顕著となり、歩行困難となる。背中を中心に痛みを伴う。
2014年12月、転地療養を終える頃には歩行ができるようになり、歩数が伸び始める。
2015年01月、痛みは全般的に減りつつあるが、今なお痛みは継続。鎮痛剤は服用し、無理をせず、睡眠の確保につとめている状況。
2015年02月、痛みが強くなっているわけではないが、良くもならず、しっかりとした睡眠が全く確保できず。鎮痛剤を使用することを決める
2015年03月、癌性疼痛のみではなさそうだが、睡眠が確保できない現状を踏まえ、癌性疼痛緩和指導を受け、疼痛コントロール開始。睡眠時間がとれるようになってきている状況。
2015年03月、腹水が少量確認されたことから、デイリーでビワ温灸(ユーフォリア)を最大40分実行の開始。一方で自然療法家によるエネルギー治療を併用していく。
2015年05月、体力もどんどん回復。背中の歪みもかなり改善され、体重も増え始める。
2015年07月、沖縄旅行に行けるほど体力回復。元氣!背中の歪みはまだあるが。
2015年10月、体調悪化を感じ始め氣分が落ち始める。
2015年11月、体調悪化の日が増えてきて、頓服ロキソニン服用が明らかに増え、更にレスキューのオプソも必要な時が増えてくる。
2015年12月、レスキューのオプソが再び手放せない日が増えてきたものの(上旬)、四国での少しキツい施術を機に少しずつ身体がラクになりはじめ、12月末にはまたオプソ使用が激減する。
2015年12月、三井温熱器の上をいくスーパー温熱器=石黒式温熱器と出会い、ビワ温灸(ユーフォリア)を中断、石黒式温熱器をデイリーの温熱療法にとりいれる。

癌を治癒に導く養生
現在は養生の軸を郭林気功に定め、練功を重ね、時間も増やしています。
背中の著しい歪みから郭林気功はしばし中断。
一日を大切に、生きてることに感謝しながら、悩みながら、試行錯誤しながら、楽しみながら、日常生活を送っています。
現在はときどき、郭林気功復活。
引き続き、自然療法家の養生指導、具体的には治療家独自の理論から生み出された様々な運動療法、当方の状況変化に合わせて改良してくださる運動療法、特別な?呼吸法、ウォーキング、瞑想、日々のお手当としては新たに”石黒式温熱器”を軸に養生しています。

2016年01月更新

ちなみに酒も煙草もやりません。それでも肺癌になるんですよねー。

日常生活を送れるってことは本当に、幸せなことですね。

 (本記事は経過を随時更新)

[PR]
by happyluna | 2013-08-25 10:00 | 発覚時の状況と経緯

はじめまして

自分の病気がわかってから、たどり着いたあるブロガーさん。
とても素敵なブログで、ひと目で気に入りました。
たくさんの勇気を頂きました。
数回書き込みをさせて頂いたけど、きちんと覚えていてくださって嬉しかったです。
発病部位は違えど、同士。
自分の治療を選択するきっかけも頂いたんです。

その方が、先日、天国へ旅立たれたことを知りました。
お会いしたこともない方だけれども、とても悲しくて、しばし呆然としました。
きっかけをくださってありがとうって、直接伝えたかったな。

ありがとう、○○さん。本当にありがとう。
あなたのことは忘れません。

これからも、こんな思いを限りなくしていくのかもしれない。
生きる勇気をくださる、たくさんの先輩サバイバーさんたち。

自分もそんな存在になれたらいいなと、最近ようやく思うようになりました。

家族のこと、治療のこと、日々の暮らしについて、ぼちぼち綴っていこうかと思います。

よろしくお願いします。

ルナ

☆追記(2014.11.05)☆
以下の記事にルナの状況を記載しています。
発覚時の状況と経緯
[PR]
by happyluna | 2013-08-23 20:30 | はじめに


2012年秋、40歳で肺癌4期判明。愛する家族、日々の暮らしetc. 瞬間(いま)を綴ります。


by happyluna

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
はじめに
発覚時の状況と経緯
食事療法
日常生活
補完代替療法
漢方治療
日々の養生
講演会・セミナー
子供の成長
通院
治療
心の旅
趣味・楽しみ
アロマな生活
クックパッド
お気に入りサイト
写真
未分類

最新の記事

ありがとうございました。
at 2017-01-05 00:48
ありがとう!
at 2016-12-31 17:10
クリスマスパーティー2016
at 2016-12-27 07:50
ビタミンカラー 2016.1..
at 2016-12-17 23:10
残念でしたな 2016.1..
at 2016-12-11 22:15
トラブル 2016.12.08
at 2016-12-08 22:30
我が愛するこどもたちへ 20..
at 2016-12-07 11:00
結婚記念日 2016.12.06
at 2016-12-06 23:00
感激の花束 2016.12.03
at 2016-12-04 22:35
今日の出来事 2016.12..
at 2016-12-02 22:25
今日の出来事 2016.12..
at 2016-12-01 22:20

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

病気・闘病

画像一覧