治療終了♪

約2週間近くに渡った治療が終了しました。
最後に、培養されたリンパ球がてんこ盛り入ったルナちゃん用のシリンジを改めて拝見させて頂き、なでなでなでなでしました。
あ、なんか寂しい(笑)

胸水中のガン細胞の細胞診の写真も見せていただきましたが、最初に較べたらほんとに体積も小さい、ガン細胞が少しいる程度でした。
今回は治療中に一度も追加で胸水を抜きませんでした。
酸素は随時していますが、血中酸素濃度も治療開始時から悪化がないので、比較的安定しているのではないかとおもいます。

ただ、発熱があるから、痛いしだるいしはあり、前回と違いこの脊椎歪みがいかにも、、、硬いマットとの相性が極めてよろしくなく、、、寝起きに激痛なんてしょっちゅう。
とにかく担当主治医も痛みを気にかけてくださり、痛み止めの飲み方をアドバイスくださいました。

入院当初から急に血圧が上昇し始め、上は平常時+30〜40、下は+20くらいになっていました。
ちょっとこれには不安が募りました。
どうしたらいいんだろう、、、
安静にするしかないのか?悩みました。
とにかく、浅い呼吸なりに、息があがるような状態にならないように、立ち上がっていきなり歩き出すのはやめ、呼吸が乱れたらとまり、落ち着けて、というように、ゆっくりゆっくり、動いたり。

寝てばかりはしかし良くないから、要領がわかり始めたゆっくり歩きでの院内散歩や、足裏刺激、ふくらはぎ刺激をしたりして、足を動かすよう意識しました。

残念ながら、クリニックへはそのうち電車で行きたいとおもっていたものの、酸素ボンベをゴロゴロしながらの公共交通機関の移動の不便さを鑑み、諦めました。
だから歩く口実として、隣のショッピングモールを買い物しながら歩く、ということを時々しました。

そうしはじめたら、ある時から血圧は下がり始めました。いまは上も下も+10くらい。
心配してくださる看護師さんもいらっしゃり、ある数値代を出した時、ほんとに嬉しく、一緒によろこんでくださいました。
b0291051_10394264.jpeg
ほんとに鈍臭い亀みたいな歩みのようです。
実験データを抱えながら颯爽と歩いていた数年前と、同一人物なのか?
あまりの変わり果てように、情け無くてくやし涙も時々でる。
そんなときは、なるようになるさ!と励ます。
時々書いてるけど、これは決して投げやりとは違う。
自分ができること、やれることをやってこその、なるようになるさ!です。

なんて、書くと、真面目すぎ頑張りすぎと思われるかもしれないけど、、、
実際はスマホでゲーム、ドラマ視聴で時間潰しして、現実逃避ばーっかり!
言い訳ではないけど、痛みがなかったら、もう少し真面目だったかも?(^^;;
遺書も入院中に書こうとおもっていたけど、結局書かなかったし!
自分ではもうダメだとおもうのに主治医は全くそんなふうに見てなくて、ちょっと障害手帳の話など聞いてみれば「そこまで深刻な状態やないで。認定おりないよ」と言われるし。

ルナちゃん、、、深刻に考えすぎなんだろか???
んなこたない!
ほんとに苦しかったんだよ。
いまも痛みに苦しいんだよ。
b0291051_11052892.jpeg
普通のドクターならもう少し厳しいこと仰るんだろうともおもう。
たまたま先日のタクシーの運転手さんは我が主治医のお抱え運転手らしく、主治医をよくご存知の方で、違う角度からその人物像を伺う機会がありました。
その道の権威だそうで、どの道かわかりませんが、主治医は他のいろんな病院に時々ヘルプに行かれている話を聞いてますが、本当にそうだったとわかりました。
お仕事が大好きだけど日曜日だけは絶対お休みされるんだって!(笑)
確かに在宅医でもあり、24時間電話は繋がる。
何より、、、こんなルナみたいな状態でも、余命な話なんてしない。
すごく懐が広いというか、患者を絶望させない不思議な人柄で、、、へなちょこルナちゃんにとっては本当に、ご縁があって良かったなと、感じています。
b0291051_11281695.jpeg
医師によってははっきり余命を伝えたほうが患者のためと言う方もいる。
でも、それはもう充分覚悟して選択しながら生きてる人には余計な御世話じゃ!とも言えるんじゃないかな?

ま、ほんまに人それぞれ!
余命聞いて残念ながらほんとにその通りに逝かれる方も多いらしいですし、、、。
余命はあくまでもその医師の見解であるということを、厳しいステージの患者さまは認識して頂きたいですね。


今日もゆっくり院内の散歩。
窓から見える比叡山には、幻想的に雲がかかっていて美しい。
ルナ亀ちゃんは、やっぱり慌てず焦らず諦めずに、淡々と日々を過ごしていこうとおもいます。
そして僅かな入院生活を満喫しようっと?!

エイエイオー066.gif



by happyluna | 2016-04-28 12:25 | 治療


2012年秋、40歳で肺癌4期判明。愛する家族、日々の暮らしetc. 瞬間(いま)を綴ります。


by happyluna

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
はじめに
発覚時の状況と経緯
食事療法
日常生活
補完代替療法
漢方治療
日々の養生
講演会・セミナー
子供の成長
通院
治療
心の旅
趣味・楽しみ
アロマな生活
クックパッド
お気に入りサイト
写真
未分類

最新の記事

ありがとうございました。
at 2017-01-05 00:48
ありがとう!
at 2016-12-31 17:10
クリスマスパーティー2016
at 2016-12-27 07:50
ビタミンカラー 2016.1..
at 2016-12-17 23:10
残念でしたな 2016.1..
at 2016-12-11 22:15
トラブル 2016.12.08
at 2016-12-08 22:30
我が愛するこどもたちへ 20..
at 2016-12-07 11:00
結婚記念日 2016.12.06
at 2016-12-06 23:00
感激の花束 2016.12.03
at 2016-12-04 22:35
今日の出来事 2016.12..
at 2016-12-02 22:25
今日の出来事 2016.12..
at 2016-12-01 22:20

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

病気・闘病

画像一覧