酵素風呂はオススメよ♪

たまには真面目な記事も書いてみようとおもいます

がんの治癒、結局目指すところは本来の身体の機能を取り戻すことが大事とルナは感じるようになりました
一時的にガンが消えても体内環境が変わらなければ再発のリスクは避けられません
生命力を高めるという視点にたち、取り組んでいます
もっと簡単にライトな別な言い方をすれば目指せアンチエイジング!かな?
あわせて、心の平穏=喜怒哀楽を平坦にする、、、ということを心がけています
そのためにやっていることが温冷浴や、温熱療法、快・不快を含めた適度な刺激、運動療法、呼吸法、瞑想などになります
身体と心へのアプローチですが、心へのウェートがルナの場合はかなり高い

ルナが自然療法的観点からお世話になっているのは丸亀にサロンをかまえるI先生
先生のサロンにはヒノキ酵素風呂があります
通い始めた昨年の12月から療養で滞在中は必ず入酵しています
酵素風呂大好きです053.gif
酵素風呂の良さはネットでいくらでも調べることができるから割愛
良さをまとめたサイト、とてもいいことが書いてありますからぜひ読んでみてください
【酵素風呂】効果まとめ

酵素風呂というと一般的に温熱効果、免疫力アップのため取り入れる方が多いかも
ガンは熱に弱い、ガンを克服するには免疫力アップが一番大切
このようなことが必ず言われるからです
しかしI先生はガンと闘うに免疫力アップ一辺倒の考え方には異を唱えておられます

さておき
身体へのアプローチとしてとても効果が高いとおもっているひとつが酵素風呂
酵素の重要性は言わずもがなだと思いますので割愛
I先生も酵素の重要性を認識し、ご自身の体感で酵素風呂の仕込みを研究されてきたそう
何を用いるかは米ぬかでもヒノキでも良いと仰っていますが、要は生き物を取り扱う
ダイナミックな季節の流れがあります
冬場はいくら暖房器具で部屋温度をあげて目盛りを夏場と同じにしても仕上がりは違う
そのときの季節、天候、気圧、温度等のコントロールが効かない要因を加味して発酵方法の調整をされているのです
長年の研究により、現在はほぼ自在に仕上がり状態を操れるのだとか
酵素風呂への並々ならぬ研究姿勢や愛情が素晴らしいとルナは感じています
I先生は微細な氣の反応(経絡上の異常等)などをピリピリと手に感じる方ですから体感は我々が考える以上に深いでしょう
ルナも段々と仕上がりの違いによる、入酵後の体感の違いを感じるようになってきました
面白いことはいろいろありますが、技術が絡むと想定されることは、I先生が発信していること以外は書けません

先生ところの酵素風呂は、体感として非常にシャープなキレの良い熱さです
熱さに耐えるキツい入り方は勧めず、無理せずの入り方を勧めておられます
ルナは10分埋まり、20分近くは氣になる箇所を温めながら、うつ伏せになったりゴロゴロ転がってます
ヒノキの香りマイナスイオンいっぱい鼻からも口からも息を吸います
米ぬかは粒子が密なのでずっとうつ伏せにはなれないですが、ヒノキパウダーは粒子が荒いのでうつ伏せでも呼吸は苦しくなりません
出たあとに当然ですが汗はなかなかとまらないですが、すっと落ち着くと肌や皮膚がもちっとした感覚があったり
しばらくしてスースーしたりする感覚があるので、自然の風を”さむい”と感じる時もある
酵素風呂に入ったときは、夜のお風呂は基本入りません
マイナスイオンが身体に浸透していくのでシャンプーしたり身体をごしごしあらうの、、、もったいない(笑)

最近、体調管理の目安として唾液による酸化還元電位を測定しています
唾液を調べれば健康状態が丸分かり!という内容で、面白い本
正確な測定器は大変高価で手が出ないので一般的に出回るORP計での測定です
測定変動要因を極力減らして測定しているので、参考値としては充分と思います

唾液は血液からできていて体調を如実に反映しますが、それを酸化還元電位という形で把握できると上記図書に記されています
酸化還元って何?についての解説もここには書きません。
酸化はつまりサビ=身体の老化、還元はもとに戻ろうとする力=アンチエイジング力、回復力くらいに捉えて頂ければわかりやすいでしょうか

水道水は塩素の影響で+600~+900mVくらいだそう
水道水を浄水器に通さずそのまま飲んだら、、、ぞぞぞっとしますね(^^;
上記参考図書によれば唾液の酸化還元電位はだいたい-100~100mVくらいに分布される
ストレスが溜まっていたり寝不足が続いた身体は+250とか、悪い数値
健康で回復力のある身体ですと-150とか、素晴らしい数値
ルナのお知り合いの方は-50~+50くらいの間で変動していると聞いています
ルナも療法を受けたり、酵素風呂に入ったあとなど、相関性を見ながら日々計測しています

酸化還元電位の低いものをじゃぁ摂取すればいいじゃない!(・∀・)
、、、と思うでしょう?
水素水や豆乳ヨーグルトなどは非常に酸化還元電位が低いし、砂糖が入った食品は酸化還元電位が高いです
でも、身体に入って代謝されて、、、自身の血液がどう変化するの?が重要ですね
そこで唾液の酸化還元電位測定というわけです

酸化還元電位を測定してしていて面白いことがわかりました
酵素風呂は、酵素風呂そのものの酸化還元電位は予想に反してそんなに低いわけではないのです
しかし、酵素風呂に入った翌日の唾液の酸化還元電位がスゴイのです!!!
平日が±50に収まるとすれば、I先生の酵素風呂に入ると、1回入浴後-200、2回入浴後-300、3回入浴後-400といった感じになる

ルナは米ぬか酵素風呂も利用するので翌日の変化を見ましたが、2回入って2回とも±50の範囲内でした
米ぬか酵素風呂は温熱療法として、熱による温めを目的としているので当たり前と言えば当たり前かもしれません
米ぬか酵素風呂は、私の場合とても眠くなりますが、リラックス効果が素晴らしいのだとおもいます
副交感神経を優位にする効果が十分にあるとおもいます
酸化還元電位に影響がないだけであって、米ぬかに効果がないと言っているのではありませんから誤解なさいませんよう何卒お願いします
これは酵素風呂のオーナー様の仕込みへの考え方による違いなのでしょう

I先生の中で、酵素風呂は温熱療法としてだけの位置づけではなく、生命エネルギーを高める療法としての位置づけもある
どちらかというと、生命エネルギーを高める、意識の方が強そうなご様子
ちなみに、上記数値というか、状況は再現性があることも確認しています
先出のお知り合いの方は-300くらいをたたき出しています
今度は比較にI先生ところ以外のヒノキ酵素風呂に行ってみるつもりです
これはとただの探究心(笑)

しかし、せっかくの酵素風呂も、不規則な生活したら効果ありません
一番は、ルナの体感としては睡眠です
睡眠不足になると、いくら、素晴らしい酵素風呂でも素晴らしい数値は出さないし、もちろんこれも実証済み
睡眠はとにかく大事

酵素風呂のもたらす身体への素晴らしい良い影響はとても奥が深いようにおもいます♪
本当にすっきりするし、抗がん剤をしていると思えないような肌ツヤは、多分あります
抗がん剤をしているルナは、副作用を軽減し正常細胞を元氣にしてくれるなくてはならない存在053.gif
以上、酵素風呂はお勧めよ♪でした~
お近くの酵素風呂へレッツゴー049.gif

というわけで、”わたしはブロガー”と先生に告白済みにて本記事より公開します
自分が知りたいなぁと思うガンの情報を知るにはFacebookが一番早いと感じ、あるとき敬遠していたFBを登録
それをきっかけにルナはI先生にご縁が繋がりました
ガン治療という観点だけみれば、少々異色な立場ですので、興味をもたれたらフォローするなどし、お勉強されてみてください
HPは情報が古いのでFacebookのほうがよいでしょう
健康サロンひのきのHPアドレス
西洋医学、東洋医学に対しても中庸の立場です
ご様子を拝見するに、ガン患者はクライアントの一部であり、その他難病のクライアントさんも多いです
ルナの本ご紹介から興味を持ち、飛ぶ方がいるとしたら、藁をもすがるというように何でも飛びつく、、、というのでははなく
投稿ををよく読まれ、判断して頂ければなぁと、、、これはルナの我であります
HPの写真は、、、怖そうにみえるんだけど、バリバリ讃岐弁の自由気ままなクライアント第一の先生
あ、Facebookの投稿は笑っちゃうくらい極めて丁寧な標準語(笑)
b0291051_14381099.jpg
問題です!
これは何でしょう〜?



[PR]
by happyluna | 2015-09-02 16:35 | 補完代替療法


2012年秋、40歳で肺癌4期判明。愛する家族、日々の暮らしetc. 瞬間(いま)を綴ります。


by happyluna

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
はじめに
発覚時の状況と経緯
食事療法
日常生活
補完代替療法
漢方治療
日々の養生
講演会・セミナー
子供の成長
通院
治療
心の旅
趣味・楽しみ
アロマな生活
クックパッド
お気に入りサイト
写真
未分類

最新の記事

ありがとうございました。
at 2017-01-05 00:48
ありがとう!
at 2016-12-31 17:10
クリスマスパーティー2016
at 2016-12-27 07:50
ビタミンカラー 2016.1..
at 2016-12-17 23:10
残念でしたな 2016.1..
at 2016-12-11 22:15
トラブル 2016.12.08
at 2016-12-08 22:30
我が愛するこどもたちへ 20..
at 2016-12-07 11:00
結婚記念日 2016.12.06
at 2016-12-06 23:00
感激の花束 2016.12.03
at 2016-12-04 22:35
今日の出来事 2016.12..
at 2016-12-02 22:25
今日の出来事 2016.12..
at 2016-12-01 22:20

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

病気・闘病

画像一覧